カナガンキャットフードのウエットフードについて

カナガンキャットフードのウエットフードについて

プレミアムフードはほとんどがドライフードです。

その中でもカナガンはウエットフードを作り出しました。

このウエットフードは新鮮なチキンとサーモンがドライフードによく絡みます。

チキンは鶏皮を除き煮込んであるので余計な脂はありません。

人気の汁のとろみはタピオカで仕上げてあります。

カナガンのウエットフードはタンパク質19%、脂質1.2%です。

ロイヤルカナンはタンパク質10%以上、ねこ元気はタンパク質6%以上と比べてもカナガンはダントツの数字です。

ウエットフードは水分量が多いため大量の保存料を使われることがほとんどです。

ですがカナガンはドライフードと同じく人工添加物は使用しておらずグレインフリーなので安心して食べさせることができます。

ドライフードとウエットフードを組み合わせて与えることでより栄養価の高い食事を実現できます。

全ライフステージにも対応しているのでシニアの猫も美味しく食べることができます。

内容量

75g×12

賞味期限

常温未開封で製造日より36か月

原産国

タイ

保存方法

開封後は冷蔵保存

ウエットフードを与えるメリットは水分が不足しがちな猫でも効率的に水分補給することができ消化も良いところです。

ウエットフードを与えるときは新鮮なお水が飲めるように用意しておくとさらにいいでしょう。

12缶セットで5,400円(税抜)です。単品購入も10%オフになるので4,860円(税抜)で大変お得です。

カナガンキャットフードを楽天よりお得に買うならこちら!

カナガンの開発者エディ氏について

エディ氏はカナガンを開発す前はペットショップを経営していました。

エディ氏が経営するペットショップの向かいには新しく大きなスーパーができました。

すると高品質を謳い文句にペットの飼い主はスーパーで餌を購入するようになります。

エディ氏のお店はお客様も激減し閉店することになりました。

その後ペットフードの製造メーカに転職します。

転職するもまたしても悲劇が起こります。

その製造メーカーは買収されコスト削減を理由に原材料の品質は落ちていきました。

エディ氏は高品質のペットフードを作りたい一心から会社を立ち上げます。

調査と研究を繰り返しようやくカナガンが出来上がりました。

調査では世界を飛び回り分かったことはグレインフリーでした。

グレインフリーを証明するために自らがグレインフリーの生活を試してみたりしています。

このグレインフリーの生活は余分な脂肪が落ち尚且つ元気に過ごせるようです。

余分な脂肪が落ちたことは猫にとって大事な要素です。なぜなら猫は肥満になりがちだからです。

色々な研究を重ねて出来上がったこのカナガンはイギリスから大絶賛されていて、世界中からの人気を得ています。

エディ氏が20年以上に渡り見てきたからこそ出来たペットフードなのは間違いないでしょう。

カナガンの原材料は人間でも食べられる高品質で新鮮なものです。

厳選された材料を使うことで猫の体調を維持し長生きできるようにサポートしています。

http://mangafactory.net/